バンコク旅行記・後編

サワディカー!デザイナー、タジマミカです。
やっと3日目のお話。

朝ごはんにバナナパンケーキのドイクム蜂蜜添えを食べ

観光に出発!

この日の目的は
涅槃仏で有名なワット・ポーへ行くこと。
この旅で初めてキャッチーなところかも?

サパーンタクシン駅から水上バスに乗り。

着いた!

寄るとこんな感じ。
一つ一つ陶器の破片で模様が作られてる。

全体図。

って、ん???
お釈迦様いないぞ???

と思ったらここはワット・アルンの方でした。
まぁそういうこともあるよね。

そこから10分くらい彷徨い
渡し船で川を渡ってようやく本当の目的地へ。

どーん

こんな風ににやりと微笑む仏様初めて見た。
なんだかユーモラス。

そして漆を生業にしてるからには
絶対見たかったのが御御足の裏。

これ全部螺鈿。
何の厚貝なのか、周りの黒い塗料は何なのか
非常に気になった。
英語の解説には書いてなさげだったな、、、

ワットアルンも、ワットポーも
どちらも過剰なまでのデコラティブさがあって
そう言ったものを見た時、いつも、
『そこにどれだけ多くの人の祈りがこもってるんだろう』
と感じる。

過ぎたる欲を持つものは身を滅ぼすとは言うものの
何一つ欲求が無くなった瞬間、人はどうなってしまうのかと。
それが「悟り」ってことなのか、私には分からない。
けど「生きたい」と思うことも欲の一つなのでは?
と思うのです。
だからこう言った祈りの場であったり信仰の対象が作られるのかなとか
答えの出ないようなことをいつも考えている。

3日目はこの後ホテルに戻ってプールで泳ぎ
魚介を食べて、最終日に備える時間に充てました。

今回の旅は二つ面白い偶然があって。
一つは雨季にも関わらずほとんど雨に降られなかったこと。
外にいる間はありがたいことに晴天に恵まれた。

そしてもう一つは、
日本の友人がたまたま同じタイミングでバンコク旅行に来てたこと。
同じ月内に旅行はあっても、滞在期間が被ることって滅多にないなって。
その子にもこのワットポーで会うことが出来て良かった。

今回でバンコク旅行編終わろうと思ってましたが、
この旅行の為に作った新作のこととか
買ったもの、出来たら猫の話とかあるので、
番外編にてお送りしたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA