本を読む人

みなさん、こんにちは!
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

 

最近、読書を再開しました。
幼い頃は活字を読むのが好きでしたが、
近頃あまり読んでないし、読みたいなぁと思い、
興味のあるものを少しずつ読んでいます。

今読んでる本達3冊の紹介!
ネイルはNAIL HOLICのYE503。たんぽぽみたいで可愛い色だからそっちも見てね(笑)

「北原白秋詩集」
中学の国語の教科書に「落葉松」の一部が載っていて、
『落葉松全部読みたいなぁ』とポツリと姉に言ったところ
本好きの姉がある日突然買ってきてくれた一冊。
引っ越しの際に失くしたと思っていたら
先日十年振りに家の中での再会を果たし、読み返している最中です。
(もう会えないと思ってたから嬉しかった…!)

どこかアンニュイで、儚くて、それゆえに美しいような、
白秋の紡ぐ言葉達が好きです。
最近は冒頭の邪宗門がお気に入り。
芥川龍之介の「邪宗門」も好きだからか、そこに通ずるものを感じてるのかも?

 

「悦ちゃん」獅子文六
私は基本暗い話が好きです。生と死を否応無しに考えさせられる系の。
(余談ですが、一番好きな話は芥川龍之介の「藪の中」)
でもたまには「明るい、楽しい本が読みたい!」
と、本好きの友人にリクエストしたところお勧めしてくれた1冊。

まだ序盤なのですが、
碌さんのゆるさ加減と悦ちゃんのおてんば具合が、
今後どう転んで行くのかワクワクしながら読んでいます。

 

「恋文の技術」森見登美彦
現代の小説家の中では一番好きなお方です。
森見さんといえば京都が舞台のものが多いですが、
このお話の舞台は能登半島の七尾。
輪島に住んでた私としては故郷みたいなものなので、
能登の書かれ方に「そんなことないよ!」と反論したい気持ちと
「おっしゃる通りです…」とぐうの音も出ない場面が交互にやってきます(笑)
また、森見さんの文体は古めかしい所も好きです。

 

みなさんはどんな本がお好きですか?良かったら教えてくださいね(^ ^)
目指せ文学青年!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA