金継ぎ日誌・2日目

Pocket

こんにちは
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

少し間が空いてしまいましたが、金継ぎの続きです。
前回の記事はこちら

金継ぎ日誌・1日目
おはようございます!annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。この度、金継ぎのお直しを承りました。お客さまに許可を頂いたので、ブログにて進捗報告をいたしま...

 

前回塗った麦漆が乾いて、無事接着されました。

今回は、欠片と本体部分に溝があるので
その溝を錆漆(さびうるし)で埋めます。

 

まずは錆漆を作る。

このチョコレートみたいなのが水砥の粉。
砥の粉を水で練ったものです。
そこに生漆を混ぜて出来るのが錆漆。
役割としてはパテのようなものだと考えて頂ければOKです。

生漆混ぜたあと。
ここからはスピード勝負。
錆漆は乾くのが早く30分程度で使い物にならなくなるからです。
以上の理由から今回はもう埋めた後のお写真です(^^;

 

錆漆で埋めるときも基本は薄く均等に塗ることが肝要。
このマグカップの溝も高低差がありますが、
一発で埋めようとすると付けた錆漆が縮むので少しずつ少しずつ…。

とはいえあと2回くらいで溝は埋まりそうです!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
タジマミカでした。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA