金継ぎ日誌・3日目

さてさて、金継ぎ日誌も3日目。

annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

今までの経過はこちらからご覧ください。

金継ぎ日誌・1日目
おはようございます!annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。この度、金継ぎのお直しを承りました。お客さまに許可を頂いたので、ブログにて進捗報告をいたしま...

金継ぎ日誌・2日目
こんにちはannon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。少し間が空いてしまいましたが、金継ぎの続きです。前回の記事はこちら 前回塗った麦漆が乾いて、無事接...

前回に引き続き、欠けた部位の凹みを錆漆で埋めました。
作業工程的には前回とほぼ変わらない為割愛します。

しいて言うなら
この次の段階で呂色漆を塗ってコーティングするので
その時に使う予定の呂色漆で錆漆を作ってます。

よく中塗りの工程前の錆漆は、その時に使う中塗り漆を
混ぜて作るので(これを共漆(ともうるし。字が違うかも^^;)と言います)
金継ぎもその方が良いかなぁと思い、今回はそうしてみました。

別に生漆で錆を合わせても構いません。

 

というわけで凹みを錆で埋めた後。

これで完全に段差が無くなりました!

 

 

 

そして、今回はもう一つ。
ご依頼の欠けの反対側にごく薄いヒビを発見しました。!
こちらは深さがないので継ぐというより、
今後の補強の意味で漆を差していきます。

(ヒビの長さ10mmほどです)

 


まずは面相筆を用意。
陶磁器のヒビや欠けた断面はザラザラしていて、
筆先が擦れていくので、金継ぎにはビニール製の筆が良いかと思います。

そしてヒビに漆を差していきます。
まずはヒビの奥まで漆を浸透させるために
呂色漆を灯油で希釈したもので、ヒビをなぞります。(含浸)

どのくらいこのヒビは漆を吸っていくだろうか?
基本吸わなくなるまで含浸していきますが、
浅いのでこれで終わるかも?

そして元の欠けの部分から広がるヒビにも同じ漆を差しました。

 

ここまできたらまた乾かしていきます。
次回は研いでまた漆でコーティングする予定です(^ ^)

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。
タジマミカでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA