金継ぎ日誌・4日目

annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。
昨日より通常営業に戻って
金継ぎの続きを書いていきます。
実は金継ぎ完了しておりまして、溜めてた分を更新していきます^^;

前回までの工程はこちらからどうぞ。

 

おはようございます!annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。この度、金継ぎのお直しを承りました。お客さまに許可を頂いたので、ブログにて進捗報告をいたしま...
こんにちはannon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。少し間が空いてしまいましたが、金継ぎの続きです。前回の記事はこちら 前回塗った麦漆が乾いて、無事接...
さてさて、金継ぎ日誌も3日目。annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。今までの経過はこちらからご覧ください。前回に引き続き、欠けた部位の凹みを錆漆で埋め...

前回で破損部分は平らになりましたので、
今回はいよいよ金粉を蒔きます。

その前に呂色漆を塗った部分を研いで、
その上から絵漆を塗ります。

ここでのポイントは、絵漆を塗ってすぐに金粉を蒔くと漆が粉を吸って沈み、表面がザラザラしてしまいます。

なので、表面をある程度乾かして
漆が粉を吸うのを防ぎます。
これを乾口(ひくち)を取る、といいます。
絵漆を塗って10分くらい、強い湿度を与えた湿箱の中に入れます。

ここ写真撮り忘れました。。すみません。
乾きかけか否かは、漆に息をかけると分かります。
息をかけた表面が虹色っぽくなった時が丁度良いタイミング。
白くなってしまうとダメです。乾いてしまって粉がくっつかなくなるから。

 

今回は、器が青緑なので
それに合わせて青金を蒔きます。

 

 

良いタイミングで蒔くと、粉がピタッ!とくっつきます。
そして、再び湿箱に入れて湿度を与えて乾かします。

 

次回はいよいよ最終回です!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA