漆絵の話

本日は5/20のワークショップの単発コースである
『漆絵』について書いていきます。

※ワークショップ詳細につきましては、下記リンクをご覧ください


5/20 第一回漆WS開催します
こんばんは!annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。当HPのトップページにも掲載しておりますが、「第一回漆ワークショップ」開催いたします!!(FBページ見れ...

 

漆絵とは
透漆(すきうるし)に様々な顔料を混ぜた色漆を使用し、
漆面に文様を描く技法のこと。
漆の加飾法の中では最も古くからみられるものの1つ。

先日のほろ酔い展でお目見えの「Sensual」は
漆絵で模様を描きました。

 

拭き漆の器もそうですが、庶民の間では
金銀や貝を使った蒔絵や螺鈿より親しまれていたようです。
そういう意味ではリラックスして扱える
今の時代にあった技法なのでは?と思います。

 

5/20のワークショップでは、
正方形のパネルに好きな模様を描いていただく予定です。
できた作品は飾りパネルとしてインテリアにするのも良し(^^)
また漆絵の歴史について少し踏み込んだお話もしようかと。

今回は材料の都合で、単発コースは締め切らせて頂きましたが、
ご興味のある方はお気軽にご相談くださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
タジマミカでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA