お客さまの水墨画グループ展へ

Pocket

昨日はお客さまの展示を観に、
「墨閃会 第五回社中展」へ行ってまいりました(^^)

以前からこのブログに登場してた額を使って頂いたとお聞きし
いそいそと下北沢へ。

ちなみに額のお話はこちらから。

額を塗り終えました
長い間お預かりしていたお客さまの額(直径約50cm)、ようやく塗り終えることが出来ました。ちなみに今までの制作の様子  こちらは同じものを朱漆で塗りました...

水墨画だけの展示会は初めてでしたし、
また自分の作ったものがその後どうしているのかは
いつも気になってるので、こうしてお誘い頂いたことが嬉しかったです。

 

今回の展覧会の作品は
「全て自由にアップして大丈夫」とのことなので
いくつか撮影してきました!
(クリックで大きくなります)

中心の白線が凛として素敵。

水墨画ならではのぼかしや柔らかさって良いですね。

 

そしてこちらが塗らせて頂いた額。

「お前〜!こんなに立派になってー!!」
思わず心の中で叫びました(笑)

お客さまの孔雀の羽の絵は
見ていて清々しい気持ちになりました(^^)
水墨画ならではの柔らかい表現も素敵。

また塗ってる間は額単体の状態で見てきたため、
絵がかかるとまた違って見えます。

 

 

昨日の展示を見るまでは
水墨画って黒と朱だけだと思ってました。
(その辺漆と似てるね)
でも箔だったり、カラフルで現代的な作品もいっぱいあり
それが私にとっては意外で面白かったです!
ご感想をお伝えした際に「顔彩と墨を混ぜて描いてる」とお聞きして
そんな方法があるんだ!と新たな発見もありました。

 

 

展示会は今月15日までとのことですので、
お近くへいらした際はぜひ行ってみてくださいね!

———————————————–

墨閃会 第五回社中展
土屋秋恆水墨画教室 二子玉川・神楽坂・下北沢 合同展

会期:2017/10/08(日) – 10/15(日)
時間:11:00 – 20:00 (最終日18:00迄)

会場:武蔵屋画廊
〒155-0031 世田谷区北沢2-32-8

http://www.bokusenkai.com/class_shimokita.html

———————————————–

 

年末の「贈るきもち」展に向けてラストスパート中のタジマでした!

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA