「贈るきもち」展に向けて

Pocket

月日が過ぎるのは早いもので、もうすぐ師走ですね。

annonも参加している漆作家グループ「+Urushi
第2回グループ展『贈るきもち』の開催まであと10日となりました!

会期が年末年始ということで、
大切な人や自分へのご褒美に贈りたくなるものがテーマです。

私も2018春夏の新作の先行受注と、
annonの定番アイテムをお持ちいたします。

縁起物・南天のリングも連れて行きます!

 

●+Urushi 第2回グループ展「贈るきもち」

会期:12月8,9,10,15,16,17日(金土日開廊)
時間:12:00〜18:00
オープニングパーティー:12/7(木) 18:00より

会場:三番町ギャラリー
埼玉県川越市南通町14-3-103


 

ここからは贈りものに対する私のイメージ。

 

何かを「贈りたい」って気持ち、とてもいいなぁと思います。
お相手がご自身や、奥様やお付き合いなさってる方やご家族、どなたであっても
その方を大切に思うからこそ、「贈る」という行為に繋がると思うんです。

以前ジュエリー販売の仕事をしていた時のこと。
この時期はプレゼントを探しにいらっしゃる方がとても多いです。
一大イベントですからね!(笑)

そんなお客さま方の表情は、

『あの人には何が良いだろう?』

と、悩みながらもどこか嬉しそうで
そのお顔を見てこちらもウキウキわくわくしたのを思い出します。

また、「1年間仕事を頑張ったご褒美に何か良いものを」
とご来店なさる方も同じくらいいらっしゃって
そんな時は「今のお客さまには何が一番似合われるのだろう?」と、お話しするのは、
私がその方に贈りものを探しているようでやはり幸せな気持ちになりました(^^)

 

私たちの漆の作品は、手仕上げで作られています。
ですので同じモチーフでも、それぞれ微妙に色や表情が違ったりします。
ある種一点もののようでもあります。

世界に1つだけのあなただけの特別を是非探しにいらしてくださいね!

 

おまけ:先日髪を切りました。
念願のツーブロックでかなりメンズライクになりました(笑)

 

 

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA