制作工程・蒔絵編その2

おはようございます!
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

昨日の続きです。蒔絵編その1はこちら。

こんにちは!annon【アンノン】デザイナーのタジマミカです。先日、漆器の制作工程(下地編)をダイジェストでお送りしましたが本日は蒔絵(まきえ)編についてお話ししま...

 

金粉や銀粉は蒔いたままだと取れてしまうので、
今度は描いたところを漆でコーティングします。
これを「粉固め(ふんがため)」と言います。

そして葉も描き足して、

 

葉も花の部分と同様に粉固めをして、、、
塗った漆をまた乾かす。

そして乾いたら今度は模様の上を炭で研ぎます。
そのままだと凹凸もあるし、
金粉や銀粉が光らないからです。

蒔絵に限らず、漆は基本的に「塗ったら研ぐ」で1セットです。
それを下地からずーーーーっと何回も何回も繰り返します。
特に研ぎは失敗すると、場合によっては数工程戻らなければならなくなるので
すごく慎重になりますし、神経を使います。

そして研いで磨いたところ。
金銀粉の粒子が研ぎによって平滑になったので
光り始めます。

 

ここまできたらあとはラストスパート。
この後更に葉脈としべを描きます。

明日は蒔絵編ラストをお送りします!
ご覧頂きありがとうございます。タジマミカでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA