女前であること、について。

(アイキャッチ画像は新作です、乞うご期待!)

この度、Webマガジン「She is」さんの11月公募テーマである
『モテってなんだ?』に触発され、noteを更新いたしました。

この記事を書いていて補足というか、気付きがありましたので、
久しぶりにannonブログの筆をとります。

続きを読む →

バンコク旅行記・後編

サワディカー!デザイナー、タジマミカです。
やっと3日目のお話。

朝ごはんにバナナパンケーキのドイクム蜂蜜添えを食べ

観光に出発!

この日の目的は
涅槃仏で有名なワット・ポーへ行くこと。
この旅で初めてキャッチーなところかも?

サパーンタクシン駅から水上バスに乗り。

着いた!

寄るとこんな感じ。
一つ一つ陶器の破片で模様が作られてる。

全体図。

って、ん???
お釈迦様いないぞ???

と思ったらここはワット・アルンの方でした。
まぁそういうこともあるよね。

そこから10分くらい彷徨い
渡し船で川を渡ってようやく本当の目的地へ。

どーん

こんな風ににやりと微笑む仏様初めて見た。
なんだかユーモラス。

そして漆を生業にしてるからには
絶対見たかったのが御御足の裏。

これ全部螺鈿。
何の厚貝なのか、周りの黒い塗料は何なのか
非常に気になった。
英語の解説には書いてなさげだったな、、、

ワットアルンも、ワットポーも
どちらも過剰なまでのデコラティブさがあって
そう言ったものを見た時、いつも、
『そこにどれだけ多くの人の祈りがこもってるんだろう』
と感じる。

過ぎたる欲を持つものは身を滅ぼすとは言うものの
何一つ欲求が無くなった瞬間、人はどうなってしまうのかと。
それが「悟り」ってことなのか、私には分からない。
けど「生きたい」と思うことも欲の一つなのでは?
と思うのです。
だからこう言った祈りの場であったり信仰の対象が作られるのかなとか
答えの出ないようなことをいつも考えている。

3日目はこの後ホテルに戻ってプールで泳ぎ
魚介を食べて、最終日に備える時間に充てました。

今回の旅は二つ面白い偶然があって。
一つは雨季にも関わらずほとんど雨に降られなかったこと。
外にいる間はありがたいことに晴天に恵まれた。

そしてもう一つは、
日本の友人がたまたま同じタイミングでバンコク旅行に来てたこと。
同じ月内に旅行はあっても、滞在期間が被ることって滅多にないなって。
その子にもこのワットポーで会うことが出来て良かった。

今回でバンコク旅行編終わろうと思ってましたが、
この旅行の為に作った新作のこととか
買ったもの、出来たら猫の話とかあるので、
番外編にてお送りしたいと思います!

バンコク旅行記・中編

バンコク2日目の朝。
前日、夜の帳に包まれて見えなかった景色が露わになる。

窓の外は緑豊かなお庭でした。
これは別棟のレストランからの眺め。

 

朝食は毎日必ずフルーツがあって
どれもジューシーで甘さが際立つ。


オレンジ色のから時計回りにドパパイヤ、パイナップル、パッションフルーツ
日によってはドラゴンフルーツもあった。

 

この日はタイ風のお粥にしてみました。

エビとお魚が入っていて
お米には出汁?下味?がしっかり付いていて
軽くてさらさら食べられるが
お腹にはちゃんとたまってくれる。美味しかった!

朝食後、BTSプルンチット駅からプロンポンのエステに行き
(写真撮り忘れたけど、すごくホスピタリティあふれるお店でした)

今度はプロンポンからサイアムへ。
サイアム地区はショッピングモールがひしめき合う激戦区。
日本でいう原宿的な街。

SIAM DISCOVERY

サイアムディスカバリーとサイアムパラゴンを探検。
買い物をし、mango tangoでマンゴースイーツを食べる。

マンゴーアイスと、餅米にココナッツミルク味のおやつ。

そしてこの日の夜は、
生まれて初めてルーフトップバーなるものに行きました!
Octave Rooftop Lounge & Barへ。
ハッピーアワーを狙って行ったからか、
この旅中最も多くの日本人がいた。
早くも日本語が懐かしく感じる自分に驚いたり。

アーバンな雰囲気に酔いしれ、決め決めな写真を撮ってもらう笑

そんな感じで2日目は終わりました!
次でバンコク旅行記は多分終わる、、、はず!

バンコク旅行記・前編

こんにちは、タジマミカ です。
バンコク旅行より帰国しました。

結論から言うと、
とってもとっても楽しかったです!!
と言う訳で旅の記録を。

 

初日、成田からドンムアン空港の直行便に乗る。
雲の上はここ数日の雨が嘘みたいに晴れていた。

日本から約7時間のフライトでドンムアン空港へ到着。
現地は夕方18:30(ちなみに日本との時差2時間遅れ)

東京〜金沢間をバス移動するより近い…笑

今回の宿はAriyasom Villa
BTSプルンチット駅から徒歩約10分ほど。
バンコク市街地の中に突如現れる森の中にひっそりと佇むホテルです。
滞在中とてもお世話になりました。

道中タクシーのおじさんに
「Soi 1の一番奥まで行ってください!」と伝えるも
どんどん細くなる道に
『本当にこんな奥なのかい?大丈夫??』と何度も何度も確認されたのも面白かった。笑

この日は夜着だったので、
夕飯はホテルのレストランで食べました。

前菜 春巻と偽チキン?を揚げたのとフルーツのサラダ
春巻は湯葉のようなもので包まれてた
揚げ物は中がすり身みたいでふわふわした食感
カラッとしていて、揚げ物だけどもたれずに箸が進む。

 

麺を卵でとじたパッタイみたいなもの。美味しかった!

カレーとご飯。
タイでは青い料理が流行ってるようで、
このご飯もブルーが鮮やか。
タイ米好きなのでここでも箸が進む

 

デザート バナナのココナッツミルク煮
温かいバナナって甘みがより増すんですね、、、これもまた食べたい。

 

中編(仮)に続きます。

Mika’s Room最新版

annonデザイナーのタジマミカです。
カジュアル茶道家の福島美香さんとの番組
「Mika’s Room」
本日より最新版を順次アップ予定です!

今回は
「もし漆/茶道をやっていなかったら?」がメインです

朝の通勤通学時やティータイムなど
ゆるゆる楽しんで頂けたらうれしいです(^^)

未だ見ぬ明日に

タイトルはASIAN KUNG-FU GENERATIONの曲より。
最近以前よりSNSから遠ざかりがちなので
(Instagramのストーリーは割と更新しております→annon Instagram)

何を書こうかと思いましたが、
今日も好きなことを書き綴ってみます。

業務連絡も兼ねてになりますが
来週12日~18日の間、海外におりますので
お電話・発送業務などが出来かねます。
もしお急ぎの場合は11日まででしたらお返事等出来ますので
恐れ入りますがお早めにお願いいたします。

 

 

………そう、実はわたくし海外に行くんです。

実に11年ぶり。
前回が高校の修学旅行でニュージーランド。
そして今回二度目の海外は初アジア
タイ・バンコクに行ってまいります!

遅めの夏休みとでも言ったところでしょうか。
団体旅行とは違うので宿や交通経路を
自分で決めることも初体験でしたし、
(とは言え同行する彼がしてくれたので感謝感謝)

LCCも初めてだし現地での通信手段どうしようとか
兎にも角にも色んな初めてばかりでした。

モンスーンや治安だとか心配もありますが
それ以上に今はわくわくしています。
どうやら私は旅に出てる時が一番元気なようです。笑
久しぶりに高校時代の夢「旅人になりたい」を思い出しました。

バンコクで着ける用に初めて自分の為だけのジュエリーも作ったので、
制作が間に合えば着ける予定。

未だ見ぬ世界はどんな場所なのだろう。

折り返し地点

写真1枚目は3、4年ぶりに行った母校にて。

今日で6月が終わり2018年も折り返しですね。
関東は昨日梅雨明けが発表されました。

上半期は「金継ぎ!」な半年間でした。
年始に都内で初めて金継ぎ教室を開催させて頂いてから
神奈川県内でもお教室の数が増え、
改めて『金継ぎって本当にいま人気なんだなぁ』と実感しました。

そして制作のこと。
ちょっと色々と思うことがあり、本当に自分の作りたいものを作ろうとしてる。
別に今までが『好きじゃないものを作ってた』わけでは全く無いですが
本能が呼ぶ方に進んでみたくなったから。
あとは木以外の素材に興味があったり、今までの技術を応用したものをやりたい。

6月は銀座でのグループ展に参加させて頂いたのもすごく刺激的な経験でした。

そして先週は約1年ぶりの北陸へ。

21世紀美術館で思索に耽ったり

色々美味しいものを食べたり、
北陸の友達と久しぶりに会ってかなりリフレッシュされました!
やはり旅をすると思考がクリアになるから好き。

そして明日7月1日からは、
西荻窪の棗さんにて短期金継ぎWSが始まります。

詳細はTOPページのNEWSよりご確認ください→http://annonbymika.com/
参加される方とお会いできるのを楽しみにしております(^^)

 

6月30日と言えば夏越しの祓え。
私も今日は和菓子の「水無月」が入手できたら食べて明日に備えようと思います
それでは、また!

四人展終了いたしました

約1週間前になりますが、
のばな Art Work in GINZAさんでの四人展が終了しました。

梅雨空で足元が悪い日や、はたまた暑い日もございましたが、
そんな中ご来場頂いた皆さま本当にありがとうございます。

 

また今回初お披露目したRebirthシリーズ。
普段主に木胎を使用するのですが、
木以外の素材に興味があったことや
色々と思うところがあって、鹿角に蒔絵をしてジュエリーにしてみました。

いよいよ明日から 銀座「のばな」さんにて展示が始まります。 新しく作ったRebirthは、 今までのannonとは雰囲気が全く違うプリミティブなジュエリーです。 . 写真2枚目はRebirthシリーズから「Fawn」(子鹿) 大きい角の方は「King」です。 鹿角に金で蒔絵をしています。 . Fawnは天然石のネックレスと重ね付けして、色の対比を楽しむのが私のおすすめです☺ Kingは主張する子なので、夏のカラフルなお洋服にコーディネートするのも良いと思います! 4枚目はプロトタイプのバングル。 こちらは漆皮といって、革に漆を塗って仕上げています。つけ心地はとっても軽いです〜 . . 355th Exhibition 植草稔・具島直子・宮野智之・タジマミカ 四人展 会期:2018/6/9(土)〜6/14(木) 時間:12:00〜19:00(土曜〜水曜) 日曜日と最終14日(木)は16:00まで 会場:のばな Art Work in GINZA 東京都中央区銀座2-4-1銀楽ビル2階 . #陶芸 #芝山象嵌 #漆器 #漆 #銀座 #漆皮 #鹿

annon by Mika Tajimaさん(@annon_by_mikatajima)がシェアした投稿 –

まだRebirthシリーズは制作中なので、
全て出揃った時に、なぜ「鹿」なのかとか
その辺を書く予定。
始まるまでは、大御所の先生方とご一緒させて頂くことに対してとても緊張していました。
ですが今回、新参者の私をメンバーとして温かく迎えてくださったこと
本当に有難く思います。
色んな方から色んな気持ちを頂いた掛け替えのない1週間でした。

そして「銀座で展示をする」のが私の夢の一つでしたので
それが叶ったこともとてもうれしい。

 

年内の一番大きな予定が終わったので、しばらくは制作期間に充てます!

展示会と番組配信と5月の終わり

早いもので5月ももうすぐ終わりですね。

最近Twitterで『平成最後の夏』というワードをよく見かける。
そして、ふと
「平成元年に生まれ、図らずも平成最後の夏が20代最後になるのか」
なんて急に感傷的になったりしてます。

そんなこんなで、5月を振り返りつつ何点かお知らせ。

●Mika’s Room第3回配信しました!

今回はカジュアル茶道家・福島美香さんの自己紹介回。
誰かが何かを始める動機は、何度聞いても面白いです!
このブログを読んでくださってる方にも、
『なぜ今その道を歩んでいるのか』お聞きしてみたい。

 

●展示会に参加いたします
InstagramやFacebookなどで先日お伝えいたしましたが、
銀座での展示に参加させて頂けることになりました。
以下詳細です!

銀座での展示は初めてで、しかも大好きな町なので緊張しております(笑)
お時間ございましたら是非ご来場くださいませ。


5月はずっとお会いしたかった方や、初めての方、
お仕事でも新しいご縁を頂いた1ヶ月でした。

6月は上記の通り展示と、
約1年ぶりの里帰りもするので東奔西走なひと月になりそう。
ずっと首都圏に閉じ篭ってたし
久しぶりに遠くに行けるのがすごく嬉しい。
(私は移動距離が長くなるほど癒されるタイプ)

そして4月の次に好きな季節が6月なので
雨好きとしては梅雨入りが待ち遠しいです。
という訳で和菓子の水無月食べて夏越の祓えをして夏に備えようと思うのでありました。

動画第2回配信と最近のあれこれ

みなさま、こんにちは。

4月から始めた番組「Mika’s Room」
第2回を配信いたしました!

今回は私・タジマの自己紹介の回です。
文章で伝えるのも良いですが
動画なのでご覧いただくとよりエモーショナルかと思います。

———————

そして少し過ぎてしまいましたが、
先日私のブランド「annon」は
4月27日で活動開始より3年目に入りました。

こうして続けられていること、とてもありがたいです。
一人では辿り着けない場所や見れない景色を
皆さんとannonのお陰で見れたことは
私にとって大事な経験です。
まだやりたいことも沢山あるので、それに向けてまた海へ漕ぎ出して行きます。

そしてしれっと私も29歳になり、
幼い頃思い描いた「大人」とはだいぶ違うし
きっと一般的な道とはかけ離れた生活をしているけれど。
でもこの最高にクレイジーな生活がなんだかんだ好きです。
だからもっともっと歌舞いていられるように、悔いのないように、生きていこうと思う。

————–

今日の一曲
坂の途中/Ao(ex. raison d’etre)

サビに言いたいこと感じることが集約されてる。
無駄じゃないと言いたいなら進むのみ。