本を読む人

みなさん、こんにちは!
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

 

最近、読書を再開しました。
幼い頃は活字を読むのが好きでしたが、
近頃あまり読んでないし、読みたいなぁと思い、
興味のあるものを少しずつ読んでいます。

今読んでる本達3冊の紹介!
ネイルはNAIL HOLICのYE503。たんぽぽみたいで可愛い色だからそっちも見てね(笑)

「北原白秋詩集」
中学の国語の教科書に「落葉松」の一部が載っていて、
『落葉松全部読みたいなぁ』とポツリと姉に言ったところ
本好きの姉がある日突然買ってきてくれた一冊。
引っ越しの際に失くしたと思っていたら
先日十年振りに家の中での再会を果たし、読み返している最中です。
(もう会えないと思ってたから嬉しかった…!)

どこかアンニュイで、儚くて、それゆえに美しいような、
白秋の紡ぐ言葉達が好きです。
最近は冒頭の邪宗門がお気に入り。
芥川龍之介の「邪宗門」も好きだからか、そこに通ずるものを感じてるのかも?

 

「悦ちゃん」獅子文六
私は基本暗い話が好きです。生と死を否応無しに考えさせられる系の。
(余談ですが、一番好きな話は芥川龍之介の「藪の中」)
でもたまには「明るい、楽しい本が読みたい!」
と、本好きの友人にリクエストしたところお勧めしてくれた1冊。

まだ序盤なのですが、
碌さんのゆるさ加減と悦ちゃんのおてんば具合が、
今後どう転んで行くのかワクワクしながら読んでいます。

 

「恋文の技術」森見登美彦
現代の小説家の中では一番好きなお方です。
森見さんといえば京都が舞台のものが多いですが、
このお話の舞台は能登半島の七尾。
輪島に住んでた私としては故郷みたいなものなので、
能登の書かれ方に「そんなことないよ!」と反論したい気持ちと
「おっしゃる通りです…」とぐうの音も出ない場面が交互にやってきます(笑)
また、森見さんの文体は古めかしい所も好きです。

 

みなさんはどんな本がお好きですか?良かったら教えてくださいね(^ ^)
目指せ文学青年!

制作工程・蒔絵編その3

みなさま、こんばんは
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

本日は蒔絵編ラストです!
その1、その2はこちら。

[blogcard url=”http://annonbymika.com/archives/101″]

[blogcard url=”http://annonbymika.com/archives/110″]

 

前回研いだ模様の上に、しべと葉脈を描きました。
これは「上絵」と言います。
上絵部分が乾いたら擦り漆(生漆を綿で擦り込む)で金粉を固めて…

私の場合は砥の粉にごく少量の菜種油を混ぜたもので磨きます。

この辺は写真を撮り忘れてしまったので、またその内撮ろうと思います
そして、磨き終わったのがこちら!

これで蒔絵が完成しました!
ちなみに今回の蒔絵は分類としては「平蒔絵(ひらまきえ)」と呼ばれるものです。
他にも研ぎ出し蒔絵やら高蒔絵やらありますが
そちらに関してはマニアックなので、追々お話いたします。

最後までご覧いただきありがとうございます!タジマミカでした。

制作工程・蒔絵編その2

おはようございます!
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

昨日の続きです。蒔絵編その1はこちら。

[blogcard url=”http://annonbymika.com/archives/101”]

 

金粉や銀粉は蒔いたままだと取れてしまうので、
今度は描いたところを漆でコーティングします。
これを「粉固め(ふんがため)」と言います。

そして葉も描き足して、

 

葉も花の部分と同様に粉固めをして、、、
塗った漆をまた乾かす。

そして乾いたら今度は模様の上を炭で研ぎます。
そのままだと凹凸もあるし、
金粉や銀粉が光らないからです。

蒔絵に限らず、漆は基本的に「塗ったら研ぐ」で1セットです。
それを下地からずーーーーっと何回も何回も繰り返します。
特に研ぎは失敗すると、場合によっては数工程戻らなければならなくなるので
すごく慎重になりますし、神経を使います。

そして研いで磨いたところ。
金銀粉の粒子が研ぎによって平滑になったので
光り始めます。

 

ここまできたらあとはラストスパート。
この後更に葉脈としべを描きます。

明日は蒔絵編ラストをお送りします!
ご覧頂きありがとうございます。タジマミカでした。

制作工程・蒔絵編その1

こんにちは!
annon【アンノン】デザイナーのタジマミカです。

先日、漆器の制作工程(下地編)をダイジェストでお送りしましたが
本日は蒔絵(まきえ)編についてお話しします。

その前に−「蒔絵」(まきえ)−とは。

蒔絵(まきえ)は、漆工芸技法の一つです。

漆器の表面に漆で絵や文様、文字などを描き、
金や銀などの金属粉を「蒔く」ことで器面に定着させる技法。

ざっくり言うと、漆の持つ接着効果を利用して模様を描く技法です。

 

前置きが長くなりましたが、ここから本題!!
まず下準備として器に模様の下書きを写します。
これを「置目(おきめ))」と言います。

美濃紙に描いた下絵を裏から漆でなぞって…


転写します。

 

そして漆で絵を描いたところに粉を蒔きます。
いわゆる「THE 蒔絵」の瞬間です!

「粉筒(ふんづつ)」と呼ばれる筒に金粉や銀粉を入れて蒔きます。

今回は銀粉なので白く見えます

蒔いたところ。
蒔いたら漆を「漆風呂(うるしぶろ。室(むろ)とも呼ぶ)」に入れ乾かします。

区切りが良いのでここで一旦締めます!
続きはまた明日に書きます。

読んで頂きありがとうございます。タジマミカでした!

ほっと一息

こんにちは、
annon【アンノン】デザイナーのタジマミカです。

昨日は久々に1日作業をお休みいたしました。
今年に入ってから、というか年末に「何が何でも私は漆作家なの!」と
言い切るようになってから、お仕事を頂けるようになった気がします。
プラス、昨年から1年計画で進めていることがいよいよ大詰めを迎え、
それもあり日々何かしらの作業をせずにはいられない心持ちです。
(ちなみに3月頃に正式発表の予定です。お楽しみに!)

でもたまには外の空気を吸って思い切り遊びたいのでお出かけしてきました(笑)
昨年秋から比べたら、こう思えるようになったのは個人的に大進歩。

大好きなお友達と、大切な彼と3人でお茶してきました(^ ^)
図らずも全員同い年で表現者という共通項もあり、
「そういうことあるよね」と共感する部分も多くとっても楽しかったなぁ。
3時間ずっと話し続けた気がする!

 

あとせっかくなので、昨日は私自身の着画を撮ってもらいました。
EmotionのSサイズは耳たぶに収まるサイズ感なので、きちんとした印象。


着画がどうしたら魅力的に見えるかもっと研究するぞ…!

 

春夏の作品も鋭意製作中ですし、早くお伝えしたいこともいくつかあるので
今から春が待ち遠しいです!

最後までご覧いただきましてありがとうございます。タジマミカでした。

幸せな瞬間

今朝は朝から嬉しいお話が2つ。

1つ目は大好きなテキスタイルブランド、「mint designs」から
今年の春夏コレクションのDMが届いたこと。

以前からmint designsの靴下が大好きで、
大切な人が出来たらここの靴下を贈ろう! と決めておりました。
今までは割と「○○が欲しい」と言われることが多くなかなかチャンスを作れずにいたのですが、
ついに昨年のクリスマスに贈ることが出来たんです!
その時のスタッフの方がとても親切で、いつもお断りするDMも

「この方からのお手紙は欲しい」
と、思い住所を書きしたためました。

そのお手紙が今朝届いて。
先日のクリスマスのエピソードが添えられたお手紙はとても嬉しく、
今度は二人で行けたらいいなぁとぼんやり思いました。
そして2つ目。 お客さまの人生の節目に、
「annonのジュエリーを」と、オーダーを頂きました!
早速アトリエに張っているカレンダーにお届け日としてお客様のお名前を書き込む。
この瞬間がとっても幸せで大好きです。
お客さまの“ウキウキ”や“わくわく”したお気持ちを感じられますし、
私自身もお客さまが作品を着けてはるお姿が思い浮かんで、
なんだか私も幸せな気持ちになります。
きっとそのわくわくを私が先払いで頂いちゃってるんだと思います(^ ^)
最近とてもありがたいことに、 お客さまの記念日や、大切な方への贈り物として、
annonのジュエリーをお求めいただけることが増えています。

上記の作品はお客さまの結婚5周年記念にオーダー頂いた作品です

願わくばこのカレンダーにお客さまのお名前を書く機会がもっと増えて、
より多くの幸せをお届けできるようになりたいです。

annonのジュエリーは一点一点手仕上げでお作りするため、1つとして同じものはございません。 あなただけのジュエリーで暮らしにわくわくをプラスしてみませんか?

漆下地まとめ

 

今回は前ブログの引き続きで器の制作工程をダイジェストでお送りします。
写真は布着せのあとは蒔地(まきじ)をしたところです。
ダイジェストで言うと、布着せと中塗りの間の行程です。

下地・木地固め編
[blogcard url=”https://note.mu/annon_by_mika/n/n10e8d3b2addf”]

布着せ編
[blogcard url=”https://note.mu/annon_by_mika/n/n688933c487fc”]

そしてようやく中塗りできたのが昨年9月頃
[blogcard url=”https://note.mu/annon_by_mika/n/n42bd68cb6452”]

ここまでも長かったのですが、この先もさらに長かった!
なぜならこの器物の形状、上縁と底以外、平面が無いからです。
とは言え、自分で製図を引き、木地師さんに挽いて頂いたので自己責任ですが(笑)

器を作るときは触り心地が良くて、撫でたくなる形っていうのが私にとっての絶対条件なので毎回譲れないんですよね…でも好きだからいいかな、、、

と言うわけで明日は蒔絵編で書いてみます。その前にお洋服のことになるかも?

最後までご覧頂きありがとうございます!

ごあいさつ

この度「annon by Mika Tajima」のHPができました!
漆作家のタジマミカと申します。

(今までのブログはこちらをご覧ください。)


今回新しくHPがオープンした記念ということで、改めて自己紹介をいたします(^ ^)

1989年4月25日生まれ 横浜出身
漆で主にジュエリーを作っています。

 

専門は蒔絵ですが、複雑でなければ下地から加飾まで一貫して出来ます。
ちなみに上記のジュエリーは榡地制作から仕上げまで一人で作ってます。

 

性格は好きなものには一直線!
そのためか、親しい間柄の人達には「フットワークが軽い」
と、よく言われます。
(軽すぎて昨年は2月から8月まで毎月北陸に行ってました…(笑))

洋裁をしていた母と、年の離れた姉二人の影響を多分に受け、
気づいた頃には「美しいもの」「素材が確かなもの」「日本史」が好きな子に育つ。

高校生の時に漠然と「日本人らしい仕事がしたい」と思い
17歳で漆に出会って一目惚れをし、地元高校を卒業後、
石川県立輪島漆芸技術研修所に入学。
そちらで漆芸の基礎を2年、専門で蒔絵を3年間学ぶ。

濃密な5年間を輪島で過ごしたのち
横浜に戻り紆余曲折を経て、昨年「annon by Mika Tajima」(通称アンノン)を始めました。
作品の雰囲気としては、

  • コケティッシュ
  • エレガント
  • ラグジュアリー

に着けた時に見えるように心がけております。
ジュエリー以外の作品も、使って頂く方がより美しく、綺麗に見えるように、
そして漆の本来の美しさが生きるかどうかを一番大事にしています。
それでは、私タジマミカとannonをよろしくお願いいたします!