金継ぎ日誌・完結編

annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

とうとう九谷焼のマグカップ金継ぎの最終回です!
今までのお話はこちら。

[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/506]
[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/535]
[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/568]
[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/607]

今回は、前回蒔いた青金粉を固めるところからスタート。
そのままだと取れてしまうので、
生漆を灯油で希釈したもので粉固めをします。

塗ったあと。

このままの塗り厚では生漆が厚く
この後の粉磨きが大変なので紙(濾紙など)で
余分な漆を吸い取ります。

吸ったら湿風呂で乾かす。
ガンガンに湿度を与えてしまって構いません。

乾いたら、極少量の油+砥の粉を混ぜたもので磨いていきます。
ちなみに砥の粉は錆漆を作る際にも登場した粉です。
東急ハンズやホームセンターなどでも買えます。

で、磨いた後がこちら

2枚目の写真が特に分かりやすいですが光ってます。
上手く光らせる事が出来たら金継ぎの完成です!

欠け1ヶ所、ヒビ1ヶ所
価格:¥3,700-(青金粉使用)
期間:約1ヶ月ちょっと


今回はマグカップのお色味が青緑でしたので、
青金(金と銀の合金)をご提案いたしました。
勿論金や銀でもお直しは可能です(^^)

 

ちなみに私の金継ぎでは、なるべく傷の通りにお直しするようにしてます。

理由は2つ。
①傷もその器が辿ってきた足跡だと考えているから
②文化財修理の分野では「現状維持修理」が主流だから

現状維持修理については文部科学省のこちらのページが参考になります。

 

簡単に言うと、たとえば仏像が手足を欠損していても、
現状のままで保存に耐えうる程度の修理のみを行うということ。
「このままだと壊れそう」「構造上に不安が…」という場合以外は、
補作を行なわないことです。

以前ヨーロッパで宗教画の修復をしたら、
オリジナルとかけ離れたものになった事件(?)ありましたよね。
そういうオリジナリティーは、お直しには要らないと思ってます。
なので放置しておくと割れに繋がる場合を除いて、必要以上のお直しはしません。

それにさ、お客さまと器の仲に割って入るような感じして気が引けるから…(^^;

 

長い時間お待たせいたしましたが
またこの子でお茶を召し上がってくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございます。
タジマミカでした。

5/20 第一回漆WS開催します

こんばんは!
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

当HPのトップページにも掲載しておりますが、
「第一回漆ワークショップ」開催いたします!!
(FBページ見れないこともあるようなので改めての告知です)


こんな感じでお皿塗っていきます。模様は今回ナシです

・漆に興味がある方
・伝統工芸品の作り方に興味がある方
・自分で器を作ってみたい方へ

私が何度かWSに参加したり、
講師を務めさせて頂いた際によく頂くお声が
「漆ちょっとやってみたいけど…時間がかかるんだよね…」
「漆ってなかなか見る機会ないし、簡単な体験がやりたい」
というものでした。

なので、初心者の方にもできる方法でやります!

 


ちなみにこちらの酒器も、拭漆で仕上げております

今回は漆芸の基礎である拭漆で
銘々皿(φ150mm)を塗っていくWSです。
基本的に漆器は多くの時間と工程がかかりますが、
今回はできる限り簡単に早く仕上げる事を目指してますので
初めての方もご自身でお皿が塗れます。

なお防水・耐水の観点から全3回を予定しています。(月1回程度)

また、3回全部に参加するのが難しい方へは
漆のパネルに漆で絵を描く技法(漆絵)も考えております。
そちらをご希望なさる場合は
材料の都合がございますので5/12(金)までにお申し込みをよろしくお願いします。

【価格】
一般:3000円(初回のみ木地代別途1000円)
中学生以下2000円(初回のみ木地代別途1000円)
材料費・道具レンタル費・受講料込み
→一般の方の場合、初回は4000円、2回目以降は3000円となります。

【日時】5/20(土) 14:00〜16:00

【場所】横浜某所(詳細はお申込み後お知らせします)

【定員】7名→残5名(先着順)

【持ち物】
・汚れても良い服装
・ゴム手袋(介護用品などピッタリしてるものが使い易いです)
・器を持ち運ぶ用の箱
・使わないクリアファイル(下敷用)
・古布(漆を拭き取る際に使います、毛羽立たない素材が◎
・筆記用具

※絶対に漆に素手で触れないこと!かぶれる恐れがあります

 

参加ご希望の方は、下記イベントページもしくはCONTACTより参加受付中です
https://www.facebook.com/events/277267846031913/

皆様のご参加お待ちしております(^^)
タジマミカでした。

金継ぎ日誌・4日目

annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。
昨日より通常営業に戻って
金継ぎの続きを書いていきます。
実は金継ぎ完了しておりまして、溜めてた分を更新していきます^^;

前回までの工程はこちらからどうぞ。

 

[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/506]

[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/535]

[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/568]

前回で破損部分は平らになりましたので、
今回はいよいよ金粉を蒔きます。

その前に呂色漆を塗った部分を研いで、
その上から絵漆を塗ります。

ここでのポイントは、絵漆を塗ってすぐに金粉を蒔くと漆が粉を吸って沈み、表面がザラザラしてしまいます。

なので、表面をある程度乾かして
漆が粉を吸うのを防ぎます。
これを乾口(ひくち)を取る、といいます。
絵漆を塗って10分くらい、強い湿度を与えた湿箱の中に入れます。

ここ写真撮り忘れました。。すみません。
乾きかけか否かは、漆に息をかけると分かります。
息をかけた表面が虹色っぽくなった時が丁度良いタイミング。
白くなってしまうとダメです。乾いてしまって粉がくっつかなくなるから。

 

今回は、器が青緑なので
それに合わせて青金を蒔きます。

 

 

良いタイミングで蒔くと、粉がピタッ!とくっつきます。
そして、再び湿箱に入れて湿度を与えて乾かします。

 

次回はいよいよ最終回です!

今日はほろ酔い展を終えて

こんにちは
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

 

昨日、+Urushi初の展示会『今日はほろ酔い展』が終了しました。


友人や知人、先輩、顧客さま、SNSを見てご来場してくださった方
通りすがりのお客さまなどなど、色んな方にご覧頂きました。
本当にありがとうございます。
始め緊張していましたが、皆さまの笑顔に元気をもらい
吉報を聞かせて頂けたりして3日間楽しむことができました!

当日の会場の様子

 

六者六様と言いますか、
同じ漆でも
それぞれの個性が出た展示になりました。

 


新作Straightも出したよ

こうやって外に出ることで、お客さまの顔や反応を見て
漆の話をさせて頂く機会を持てたこと
またご縁や次に繋がる展開もあり、
それはやった甲斐があったなぁと思います。

今はただただ『本当に終わったんだな』という気持ちでいっぱいだけど、
明日からはオーダーのお品や新作に取り掛かるぞー

 

まずは改めてお礼をお伝えしたく、ブログを更新致しました。
ご協力や応援して頂いた皆さまのお陰で開催することが出来ました!
本当にありがとうございます。
またこうやってお会い出来る日を楽しみにしています。

タジマミカでした。

いよいよ明日!そして誕生日

annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。
いよいよ明日4/28から『今日はほろ酔い展』が始まります。
梱包材、出品リストやその他細かいこと。
何分初めてで慣れないことだらけでした。
でも今回は+Urushiの仲間がいるので、
明日からの3日間力を合わせて楽しみたいと思います。
お客さまも私たちも楽しい会にしたいです!

28日〜30日は谷中のHAGI ROOMでお待ちしています!


話変わって。
実は先日誕生日を迎えました!

私28歳になりました!実感は未だない(笑)
そして「annon」も本日4/27が一周年の誕生日です!

今年の目標は健康第一。
そして自分を心から愛すること、
自分の大切な人と私の幸せだけを考えること。

これだけ聞くと自己中に聞こえるかもしれないですが
昨年一年(今までの人生で一番辛かった)を振り返ってみて
「嫌いな人にわざわざ構ってる時間が無駄」という結論に至りました。
そこに時間を割くくらいなら、幸せになる方法を考えた方が建設的だなぁと。

annonは今ひよこ。
立派なニワトリに育てるには、私が元気でいることが必要不可欠です。
という訳で上記3つの目標をクリアして
annonも私も飛躍する1年にしたいです!

まだまだ未熟者ですが、どうかみなさま、
改めてブランド共々ご愛顧よろしくお願いいたします(^^)

祈り

annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

「今日はほろ酔い展」まであと11日。
今回の展示の発案は実は私でして、
当日まで気が抜けず緊張した日々が続きそうです。

今回の展示のために作った酒器たちをちらり。

 

・・・

ところでトップページにリンク貼ってますが、+Urushiホームページはご覧頂けましたでしょうか?
こちらメンバー交代制で更新してますが、今日の自己紹介は私が書いてます(笑)
なぜわざわざここに書くのか、と言うと
今までうまく言えなかった漆への想いをやっと言葉に出来たからです。


何度か書いていることですが
ウルシの木1本から採取できる漆の量は約250ml。
漆が掻けるようになるまで約15年。
しかも何処でも育つ木ではなく、色んな条件が揃ってやっと成長します。

そんな貴重なものを使って私は何をしたいのか?
「美しさ」や「技法」にも惹かれているけど、
もっと心の奥底にあるプリミティブな欲求。
この感情は何なんだろう?何に惹かれている?とずっと問い続けて来た。
それがやっと分かった。

簡単に揺らいだりしない力強さと、
古代より魔を祓うとされてきた清廉さに
惹かれていたんだと。
つまりは漆そのものだと。

…と、スッキリしたところで今日は什器の手配やらなんやらをしようと思います(笑)
4月28日〜30日の三日間、HAGI ROOMでお待ちしております!

金継ぎ日誌・3日目

さてさて、金継ぎ日誌も3日目。

annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

今までの経過はこちらからご覧ください。
[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/506]
[blogcard url=http://annonbymika.com/archives/535]

前回に引き続き、欠けた部位の凹みを錆漆で埋めました。
作業工程的には前回とほぼ変わらない為割愛します。

しいて言うなら
この次の段階で呂色漆を塗ってコーティングするので
その時に使う予定の呂色漆で錆漆を作ってます。

よく中塗りの工程前の錆漆は、その時に使う中塗り漆を
混ぜて作るので(これを共漆(ともうるし。字が違うかも^^;)と言います)
金継ぎもその方が良いかなぁと思い、今回はそうしてみました。

別に生漆で錆を合わせても構いません。

 

というわけで凹みを錆で埋めた後。

これで完全に段差が無くなりました!

 

 

 

そして、今回はもう一つ。
ご依頼の欠けの反対側にごく薄いヒビを発見しました。!
こちらは深さがないので継ぐというより、
今後の補強の意味で漆を差していきます。

(ヒビの長さ10mmほどです)

 


まずは面相筆を用意。
陶磁器のヒビや欠けた断面はザラザラしていて、
筆先が擦れていくので、金継ぎにはビニール製の筆が良いかと思います。

そしてヒビに漆を差していきます。
まずはヒビの奥まで漆を浸透させるために
呂色漆を灯油で希釈したもので、ヒビをなぞります。(含浸)

どのくらいこのヒビは漆を吸っていくだろうか?
基本吸わなくなるまで含浸していきますが、
浅いのでこれで終わるかも?

そして元の欠けの部分から広がるヒビにも同じ漆を差しました。

 

ここまできたらまた乾かしていきます。
次回は研いでまた漆でコーティングする予定です(^ ^)

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。
タジマミカでした。

桜の季節

第n弾ほろ酔い展ラストスパートと金継ぎと
今朝は毎週通ってる着付けのお教室へ行ってきました。
細かい修正は必要だけど、袋帯の二重太鼓がほぼ結べるようになりました!
やったね!!

 

という訳でみなさまこんにちは。
annon【アンノン】デザイナー、タジマミカです。

本日はほろ酔い展から販売開始するピアスのご紹介です。

「petit」 4個入り ¥1,000-(素材:チタン)

Twitterで先行公開していた、直径2mmの小さなピアスです。
お色は写真の黒・白・赤・ピンク(ブラウンがかったお色味)と
その他新色の青がございます。
複数ピアス穴が開いてらっしゃる方、
もしくはお友達とシェアしてつけるのもおすすめです( ^ω^ )

 


 

余談ですが、この間友人に誘われて急遽お花見をしてきました~

昨日から暖かくなったので、一気に開花した模様。
桜ってどうしてこんなに可憐なんでしょう。
そしてその儚さゆえに惹かれてしまうんでしょうか。
見てると浄化される気がする。
その時カメラマンの友人が撮ってくれたデザイナー近影。
この時点ではほろ酔い状態(笑)

 

これが、

 

こうなる。
酷いのでモザイク処理といたします(笑)
ほろ酔い展か、それ用に制作中のZINE号外にモザイク無し版を貼るかね…!

にごり酒美味しかったです!!!!\(^o^)/

 

 

なんやかんや新作や既存のラインの制作、
金継ぎのお教室の準備などなど4月はあわただしく過ぎていきそうです。
ありがたいこっちゃ。
(ちなみに私の誕生日とannon一周年、
ほろ酔い展がほぼ同時にきます。めでたい!笑)

最後までご覧頂きましてありがとうございます。
タジマミカでした。